賃貸物件への引っ越し準備の際の心得

引越しの準備に必要なもの〜賃貸に限らず参考にしてほしいもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸に限らず、引越しの準備に必要なものは、だいたい決まっています。ここでは、それらを紹介していきます。引越しの準備に必要なもの、それは荷物の梱包と掃除に必要なものです。梱包などは、業者さんにお願いすればいい、と考えてらっしゃる方もおられるでしょうが、自分でした方が手間が省ける分、費用が浮きます。破損しやすいもの、また、しっかりと梱包してほしいものに限り、業者さんにお願いするといいでしょう。その場合、万が一、破損してしまった場合でも補償がされます。

そういったわけで、移動させる荷物を梱包するために必要なものとして、段ボール、ヒモ、衣装ケース、新聞紙などでも代用できる緩衝材などが挙げられます。また、そこに詰める荷物を、たとえば家具などの場合、それを分解するためのドライバー、小さなものをまとめて入れるための袋や輪ゴムなどもあれば便利でしょう。段ボールの大きさは、入れるものによって異なるでしょうが、業者さんに運んでもらう分に関しては、大きさを揃えておいた方が、トラックに積む際、無駄なスペースが少なく済み、結果として料金が安くなることにつながる場合もあります。また、段ボールなどに何が入っているのかをわかりやすくするために、それらを明記して段ボールに貼り付けできるシールもあれば便利です。しかし、中身に何が入っているのかが他人に見られた場合、意図せず家族構成などを知られてしまうことにもつながりかねないので、色シールなどで自分だけがわかるようにしておくといいかもしれません。引越し先の賃貸では、ごみを置くだけのスペースが足りない、ということも考えられますので、できればコンパクトに、梱包は抑えたいですね。

次に必要なものは、掃除に必要なもの、ぞうきんや、汚れて捨ててしまっても構わないタオル。また、安くで手に入る清掃用シートなどもあれば便利です。引っ越し準備中はもちろんのこと、引越しの最中でも、これらは役立ちます。賃貸では、契約にもよりますが、使用していた部屋はきれいにして貸主に返さなければいけません。引越し最中でも、気になった汚れ、移動した家具や電化製品の跡などの汚れも、これらの清掃道具があれば、部屋をきれいに保つことができますし、引越し先でも、きれいに生活が始められますね。引越しが決まった、という方は、これらを参考に必要なものを早めに準備し、余裕をもって引越しに臨んで下さいね。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸物件への引っ越し準備の際の心得.All rights reserved.