賃貸物件への引っ越し準備の際の心得

賃貸物件の引っ越し準備に必要な物

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件の場合、引っ越しが決まったらまず確認しなければならないのが、「賃貸借契約書」です。こちらに記載されている解約方法を確認のうえ、大家さんまたは管理不動産会社に退去する旨を口頭、または書面にて伝えます。退去の1ヶ月前までに連絡するのが一般的ですが、もっと早い場合もありますので早めに連絡をするようにしましょう。

引っ越し先に賃貸物件をお考えの場合は、まず物件を探して契約をしますが、後々のトラブル回避のためにも、入居申し込み前に家賃・家賃発生日・賃貸借契約で必要な費用などの条件交渉をしましょう。また、必要書類(本人の印鑑・住民票・所得証明書など)は不動産業者によって異なりますので、あらかじめ確認して準備しておきましょう。契約前には宅地建物取引主任者から契約に関しての説明を聞き、疑問点などをクリアにして納得してから契約しましょう。

引っ越しの日程が決まったら、早めに引っ越し業者の手配をしましょう。不用品の処分に困ったら、業者に依頼するかネットオークションやリサイクルに出すのも良い方法です。管理人・ご近所にさん(向こう三軒両隣り、両隣り上下)への引っ越し前・後のあいさつも忘れずに行いましょう。入居の挨拶は2、3日のうちにできれば家族全員で1000円以内の石鹸や洗剤などの日用品やお菓子を持って行くと良いでしょう。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸物件への引っ越し準備の際の心得.All rights reserved.