賃貸物件への引っ越し準備の際の心得

賃貸の引越しの準備に必要なもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸で、引越しを決めて、業者の選定を終えると、あとは、引越し準備となります。引っ越し業者から、ダンボール、ガムテープ、割れ物などを包むプチプチした梱包、お皿などを包む梱包はもらえます。早めに依頼しておきましょう。梱包したあとは、ダンボールの外側から見える部分に、どこに収納していて、何が入っているかを、太めのマジックで書いておきます。小さいと、分かりづらく、作業がはかどりません。家具や収納は、基本的にはすべて空にしなければいけません。

荷物をすべて部屋から出すと新たにほこりや汚れが見つかることがありますので、一般的な礼儀として掃いて拭くくらいはした方がよいでしょう。雑巾やほうきを準備しておきます。あとはブレーカーを落として、ガスであれば元栓をしめます。入居したときにもらったマスターキーを返却します。合鍵を作っている場合、返却はマスターキーでなければいけません。マスターキーがない場合はカギの取り換えとなる場合もありますので、マスターキーの取り扱いは大切です。事前に準備しておきましょう。ガス、水道、電気、インターネット、郵便物の転送などの手続きは、立ち合いが必要な場合もありますので、早めに取りかかりましょう。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸物件への引っ越し準備の際の心得.All rights reserved.