賃貸物件への引っ越し準備の際の心得

賃貸契約後、引っ越し準備は念入りに

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件への引っ越しが決まりました。引っ越しについて事前にやっておいた方がよいことを、考えてみました。引っ越し後も何かとやる事が多いので、先にやれる事は引っ越してからゆっくりなんて言わず、先送りせずにやることをお勧めします。

うちは転居先が近かったので、不動産会社にお願いして何度も部屋の中を見せてもらいました。カーテンレールの長さを図るだけでなく、間取りを何度も見て写真を取り、広さ等を細かく測りました。今家にある家具をそのまま使うもの、転居先へ持っていくか検討するもの、捨てるものと仕分けをして何度もシュミレーションをしました。

最終的には転居後に捨てるものもありましたが、引っ越し業者に廃棄までお願いしていたので、捨てるものの仕分けをしっかりしていたことは良かったと思いました。後から捨てるのはお金もかかるし大変です。家具や電化製品を置く場所をしっかり決めていたので、引っ越し後がかなり楽でした。友人はちゃんと場所を決めてなくて後から、冷蔵庫や食器棚を動かしたそうです。特に大物の場所の確定をするためにも新居の間取りや広さを図ったことは重要だと思いました。先にやってて本当に良かったです。メジャーを常に持ち歩き広さを測ることをお勧めします。

関連ページ

Copyright (C)2017賃貸物件への引っ越し準備の際の心得.All rights reserved.